実印作成

実印作成、通販ならココ!

実印作成の業界でも、サービス合戦の波が押し寄せているんですね・・・。今や実印は通販で購入するのがおトク!

 

でも「はんこ」は、風水的な要素もあるという話も聞くので、
出所のしっかりとした質の良いものを制作した方がよいですよね。
生涯何度も作るものでもないので、失敗したくないですしね。
「はんこ」を通販してみてよかった点は、

 

・じっくりと商品を選ぶことができたこと
・より多くの商品の中から選ぶことができたこと
・低価格の商品を手に入れることができたこと

 

です。
実店舗にいって「はんこ」を選ぶとなると、
品揃えが偏っていることもあり、さらに店舗運営のコストが上乗せされているためにお高めになってしまっていることがあります。だから、通販がおすすめだと思いますよ!

 

数あるハンコ業者の中から、
高品質ですぐ対応してくれる優秀な業者をピックアップしてみました。
一生に一度しか作ることのない実印。満足いくハンコを手に入れてください

 ハンコヤドットコム

 

  最短即日出荷!コスパ良し!口コミでの評価高!

 

平日と土曜日の12時までに注文をすると、その日に作成して出荷までしてくれます。早いだけでなく、仕上がりの美しさにも定評があり、また低価格も実現しているのでコストパフォーマンス最高の実印作成です。10年間の保証も付いているので、欠けてしまった場合には無料で彫り直しをしてくれます。スワロフスキーやストーンも付けられるので、プレゼントとしても最適です。

 

T-POINTも貯まります!

 

  はんこdeハンコ

 

  高品質で美しい!価格も安い!即日発送も可能(平日午前中に注文)!

 

 

はんこの種類がとても豊富で、印鑑の書体も6種類の中から選ぶことができます。
旧漢字にも対応してくれているだけでなく、印鑑1本1本にソフトケースが付いてくる
などのサービスも充実しています。
印鑑プレビューをしてから制作に入ってもらうこともできるので、
満足いく1本が仕上がりますよ。

 

 

ハンコヤストア

 

  通販ならでは、高品質なのに低価格!

 

最短翌日にハンコが手元に届きます。
校正確認も無料で行えます。

 

10年保証中は何度でも彫り直しが可能です。
24時間365日インターネットで申込みをすることが可能です。

 

 

 

 

失敗しない実印作成

【個人使用の場合】

 

フルネームがベスト!

 

サイズも慎重に選びましょう!

 

耐久性のある素材を選びましょう!

 

実印は、自分を証明するための印鑑です。
用途は幅広く、不動産の売買、自動車売買、公正証書の作成や契約、遺産相続、官公庁での手続きなどで使用します。そのため一生涯長く使えるものがよいですよね。

 

実印は通常印鑑登録をして使用するものなので、戸籍上のフルネームを彫刻するのが一般的です。姓と名前の両方を入れておいた方がセキュリティの面でも安心です。

 

サイズも大切です。サイズは性別によって変えることもあり、男性は15mmか16.5mm、女性の場合には13.5mmまたは15mmが一般的です。実印と他の印鑑を区別するために、それぞれサイズを変えることがあります。 実印→銀行員→認印の順に小さくなっていくのが一般的です。銀行印をお持ちの方は、銀行印のサイズを確かめてから違うサイズで実印を作成しましょう。また、実印サイズについて細かく定めている市町村もあるようなので、心配な方は一度自分の住んでいるところの役所のホームページなどで確認してみると安心です。

 

実印には、長く使える印材を選びましょう。
また、印鑑登録できる実印は変形しない素材であることという条件があります。

 

今一番人気なのが、チタンです。オシャレ度が高いだけでなく、耐久性が抜群です。捺印性も優れているので、一生の印鑑として最適な印材です。また、エコ素材で耐久性の高い玄武も人気があります。木目の美しさと高級感もあります。

 

 

【法人使用の場合】

 

耐久性にも重視して!

 

安全対策も忘れずに!

 

セット買いするのがおトクです!

 

会社実印は、代表印としてとても大切なものです。法務局に登録する際や対外的に会社を代表して契約する際に使用されるものなので、印鑑1つ1つに耐久性と安全対策が必要になります。

 

耐久性においては、会社印の素材を選ぶ際耐久性を踏まえて選べば良いでしょう。耐久性に優れていてもっとも人気があるのが、チタンです。チタン素材は、耐火性・耐水性だけでなく耐食性にも優れているので半永久的に使用することができます。黒水牛も人気があります。耐久性はもちろん硬度もあり、見た目の重厚感とかっこよさで根強い人気があります。

 

会社実印の安全対策としては、書体に注意して選ぶようにするとよいでしょう。判別しづらい篆書体のようなものを選べば、偽造防止効果があるのでセキュリティ対策になるでしょう。また、老舗で評判の高いハンコ業者で作成するようにしましょう。異常に安くて名も通ってないようなハンコ業者の場合、書体を使い回していて同じハンコが大量生産されている危険があります。安全なハンコを作成するためには、ハンコ業者選びにも注意しましょう。当サイトで紹介しているハンコ業者であれば、悪徳業者のようなことはありませんのでオススメですよ。

 

会社印といわれるものは、いくつかあります。例えば、登記を行うために必要な会社実印、社判と呼ばれる会社角印、金融機関に登録する会社銀行印などがあります。いずれも必要になってくるものなので、会社設立などの際には、セットで購入しておくと便利です。セットで収納できる印鑑ケースも付いてくるので、保管もしやすいというメリットもあります。

 

法人用のハンコでは、寸胴タイプと天丸タイプがあります。

 

実印や一般的なハンコで使用されている寸胴タイプは、天丸タイプよりも価格が安く収納しやすいというメリットがあります。天丸タイプは、手に馴染みやすく押しやすいため、法人用として好まれています。

 

 

実印の材質と価格

いざ実印を選ぼうとすると、材質から選択しなければいけないこともあります。たくさんある材質の中からどうやって選んだら良いのか迷ってしまいますよね。そこで、代表的な材質の特徴と、おおよその価格をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

※ 業者、サイズ、キャンペーン中などによって価格がことなるので目安としてお考えください。

 

【ブラストチタン】
さびにくく、耐久性抜群、捺印性にも優れています。
メタリックな輝きで存在感もあり、スタイリッシュな印鑑としてとても人気があります。
価格目安 7,700円〜22,500円

 

【玄武(げんぶ)】
扱っているところは少ないのですが、永年変形や変色がもっとも少ない木材として注目されています。ひび割れや歪みを起こすことがなく、耐久性のある素材です。見た目、深い黒色の中に木目の風合いが調和して、高級感が漂う重量感のある素材です。
価格目安 4,100円〜7,100円

 

【黒水牛】
定番ですが、角牙素材の中で最も好まれている素材です。水牛の角でできていて、硬度もあり耐久性もあります。独特の光沢感と重厚感があり、捺印の美しさも人気理由です。天然素材なので乾燥に弱く、長時間明かりに照らされるとひび割れしてしまうこともあるので保管には注意が必要です。
価格目安 2,980円〜9,100円

 

【薩摩本柘(さつまほんつげ)】
植物系の中でもっとも硬度があり、きめ細かく上品な色合いと木の温もりある質感で人気があります。安さも人気の理由です。
価格目安 2,780円〜6,200円

 

【琥珀樹脂(こはくじゅし)】
何万年以上前の針葉樹や広葉樹の樹脂が化石化したものが、琥珀です。そこに人口樹脂を合成して強度を高めています。宝石のような透明感と輝きが、幅広い年齢層から好まれている品です。ヨーロッパでは「幸せをもたらす石」とされお守りにもされているため、プレゼント用として最適な素材です。
価格目安 10,600円〜19,500円

 

実印通販のおトクな購入術

実印は、絶対に通販で購入するのがおトクです!

 

なぜかというと、実店舗を構えているところは実印代に店舗コストがプラスされた価格で販売されているからです。インターネット通販のハンコ屋は、実店舗を持たない代わりに大幅にコストダウンに成功。これによって、実店舗で販売されている印鑑よりもはるかに安く手に入れることができるのです。通販する最大のメリットは、品質の良い商品を低価格で購入できることです!

 

じゃ、、、

 

どれくらい安いのかというと、

 

なんと最大3分の1くらいの価格で買えてしまうことも!

 

通販の魅力はそれだけではありません。

 

はんこを注文してから、最短翌日には手元に届くという超ハイスピードで購入することが可能です。

 

ネットで注文すると、商品が届くまで待ち遠しいものですよね。購入した商品をすぐに見ることができるのは嬉しいことです。特に急ぎで実印が必要になってしまった・・・というような時に即日出荷してもらえるという対応の早さはとても便利で有り難いですよね。
ネット通販ならではの対応の早さもメリットの1つでしょう。

 

注文した商品を即日出荷してもらうためには、タイムリミットを設けているところが多いので気をつけましょう。だいたいのところは午前中に発注すれば、その日に制作をして出荷をしてくれます。また、ネットにて注文をした後に電話で即日出荷の依頼をした方がよいところもあります。すぐに対応してもらいたい時には、事前に確認をしておくことをおすすめします。

 

はんこ業者によって、サービスの内容や質が違います。
いくら通販が安いといっても、各社価格には差があります。
自分の欲しい材質が決まっている場合には、比較してみるとよいでしょう。

 

価格以外に比較した方がよい項目は、送料でしょう。送料は、一定額以上の場合には送料無料になるところが多いのですが、設定されている金額が異なります。代引き手数料の設定も異なります。購入金額によって代引き手数料が設定されているところや、一定額以上の買い物をしていれば手数料無料になるところもあります。

 

商品の価格だけでなく総合的に見てから決めることをおすすめします。

 

また、実印作成のネット通販で注意しておきたい点もあるのでお伝えしておきます。
まれにハンコの悪徳業者も存在しています。印鑑を制作する際に普通のパソコンに入っているフォントをつかって制作してしまうようなところがあります。そうすると、同じハンコが複数存在してしまう・・・という恐ろしいことが起こってしまうのです。ただしこれは悪徳業者での話です。

 

当サイトでご紹介している実印作成業者は、実績、技術、評価共に優れたところを厳選してご紹介しています。悪質業者にひっかからないためにも、大手の信頼のおけるところから購入するようにしてくださいね。